読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

既卒女のテキトー人生

ダメ人間爆誕!!!!!

どっちにしろ上手くいかないこともあるのかな。

この春から大学生になった妹がいる。
大学は私のところよりはもちろん偏差値が良いところだし、世間的にも誰でも知ってるようなところだ。
みんなの憧れの大学での輝かしいキャンパスライフが幕を開けたばかりということ。
既卒ニートの私からしたら有名大学の現役1年生なんてのは心の底から羨ましい身分だ。

妹は昔から、末っ子特有の状況を読んで人に合わせるのが上手な子だった。
長女のくせに空気が読めず気の利いた言葉も言えずわがままばかり言っていた私とは正反対だ。
(母から叱られまくっている私の様子を見て反面教師にしたんだろうな。)

努力が嫌いで意地悪でひねくれている私と正反対に、妹はとても努力家で素直で直向きだった。
それはそれはもう母親は妹を食べてしまいたいというのが見てわかるくらい可愛がった。
いつも何かと「あなたはお姉ちゃんなのに!妹ちゃんを見習いなさいよ!」と言われた。
私の方からしたら、そんなん知らんがな、なんだけど。
私の元々の性格からなのか育てられ方からなのか、私は姉なのに人の世話をするのはものすごく苦手だ。原因はわからない。

所謂、「陰キャラ」としてクラスのブスな女の子にバカにされながら部活の先輩にいびられながら
勉強もせずただ鬱々と腐ったような中学高校生活を私。
(それでも私なりに楽しいことはたくさんあったよ!)
それとは真逆に勉強もハードにこなしながら華々しい花形の部活で活躍し
たくさんの友達に囲まれて中学高校と充実した生活を送った妹。
塾が遅くなればいつも母親が送り迎えしていた。(私にだったらしてくれなかったと思う。)

妹はオシャレも好きみたい。私はあまり興味がない。

で、今朝。母と妹がケンカしてた。
妹が髪を染めるの何だのって言うのに母親が「バイト決まんなくなるよ」って言ったら
それに妹がキレてさっさと学校へ行ってしまった。
母親は怒ってた。妹も怒ってた。
私にはよくわからなかった。

私は母と上手くいかなかった。私がわがままだからだと思っていた。
でも今、妹も少しずつ母親とズレてきている。何故だろう。
母はとても頑張ってきたけど、自分が可愛い人なんだろうと思う。
人間だから誰しもそういう部分があるし、分かるんだけれどもそれって子どもにバレちゃいけない部分だと思う。

中学生の頃に母に「友達ができない」と相談したら「甘えだ」と言われたことがある。あれは衝撃的だった。
友達がほしいなら自分の気持ちを殺してでも合わせればいい、ということらしい。
私はそのアドバイスを受け入れられなかったのでますます母との溝が深まった。
「甘え」という言葉は簡単に使ったらダメだなーと思った。
あれは相手がやっとの思いで打ち明けた苦しみやつらさを捩じ伏せる強い言葉だと感じた。

ここまで、父が出てこないけど父とは別に離婚もしていないし今も普通に一緒に住んでいる。あ、単身赴任の時も時々あったか。
でも仕事が忙しいしかなり変わった性格の人なので母はあまりあてにしていなかったようだ。
いつも暇さえあれば父や父の実家の愚痴を言っていた。
父が単身赴任のときは私の友達の母親や近所の人の悪口なんかも言っていた。
私は当時、小学校3年生くらいだったと思う。
表面上は仲良く振る舞っていても本当は家で悪口を言っている母を見て怖くなった。
ママ友のドロドロの話を聞かされてもっと怖くなった。
私も一緒に遊びに行ったりして家族ぐるみで仲良くしていた人に裏切られた話をされた。

今考えると、その頃から私の学校での人間関係や立ち居振舞いもおかしくなっていた。
勝ち気な男の子を淡々とした口調で責めて泣かせてしまったり、トラウマがある女の子のトラウマを刺激するような本を勧めて読ませて泣かせたり。
自分より体の小さい子を叩いたり全校集会で騒いで一人だけ呼び出されて怒鳴られたり。
それでも全く悪いことをしたと思っていなかったのだから、病んでいたと思う。
今考えると本当に悪いことをしたと思うし自分が怖いし、思い出すだけで暗くなる。
(全校集会で騒いで怒られたのは別に反省してないけど。笑)
そんなことになっていたのに親は私にあまり関心を持たなかった。

私にとってようやくまともな友達が出来たのは中3のときだった。
成績良し性格良し面倒見良しのとても良い子だった。(今も仲良いよ。)
それで母は私に「なんであんな良い子があなたと仲良くするんだろうね」って言った。
私と共に友達のこともバカにしていると思った。ショックだった。
私に良い友達が出来ても喜んでくれないんだと思った。

ちなみに私がぼっちになったときは「甘えだ」と一刀両断した母だけど、
妹がぼっちになったときは「なんであんな良い子が一人になっちゃうの」って泣きながら私に相談してきた。
おいw私はぼっちに相応しい人間だったってことかいw
今となっては笑えるけど、当時はショックすぎて感情が消えた。笑

母の中で姉の私は「とんでもない奴」で自分自身と妹は「善良な人間」だったみたい。
でも今、善良な人間同士でも分かり合えなくなっているようなので私はそれを不思議に思っている。

言われても分からない。

 
ずっと好きなタレントがいる。
とても人気のある人。
スキャンダルは多かったけど良い人だと思っている。
魅力的であることは今も変わらない。
けど、やはり年齢なのかその輝きが霞んだような感じがしていた。
気のせいだとずっと思い込んできた。
気のせいじゃなかった。

もっとキラキラしている人を見つけてしまった。

今まで多くの楽しい思い出をもらったあの人からはサヨナラする。少しずつだけど。
あの人を応援していたことは後悔していないけど、もっと魅力的を引き出せたのに飼い殺しになっていたのはとてももったいなかったと思う。
皮肉なのは飼い殺しにしたのがあの人自身であろうということ。
出し惜しみして腐って行くのを見るのはつらい。
たとえ打ち上げ花火のように一瞬の輝きでも全力で出し切って欲しかった。

どんなに魅力的で才能のある人でも周囲の凡人が心を奪ってしまったら何も生まれなくなると思った。
一部の親しい人間に認められるより大衆に持ち上げられることを選ばざるを得ないことの方が多いから仕方ないか。

毒親問題。

 
うちの親もかなり変わっているので私自身苦しめられた部分も多い。
そこでネット上で毒親についていろいろ調べてみた。
普通は毒親問題を扱う場合はアダルトチルドレンの立場から傷ついた心や低すぎる自尊心をまた立て直すためにどうしたらいいかというアドバイスになる。
でも、「長いものに巻かれろ」的な考えで金儲け主義のカウンセラーは「親も人間なんだから仕方ない。許しなさい。許せないのは甘えだ」という内容のアドバイスをしている。
かなりの有名人でもこの類いのコメントをしていてとても驚いた。
そんなことを言うためにわざわざブログを書いているのか、と呆れた。
親の方に味方をするのなら、今までの考えと変わらないしお金も集まりやすくて反論も少なくて楽だろう。
大体、他人に対して「甘えている」なんて言える奴は大概自分が甘えている。
どんなに波瀾万丈な人生であっても、他人に「甘え」なんて言える奴はどこかで甘えた人間だと思う。そうでないと「甘え」という発想自体が浮かばないだろう。
どこかで一瞬甘えてしまった自分を後悔しているからこそ、他人の甘えに厳しくなる。
自覚がない人ほどタチの悪いものはないな。

 
疲れた。本当に疲れた。何もしていないのに疲れた。
嘘ばっかりついて見栄を張って邪魔してバカにする世の中に疲れた。
良い人もいるんだろうけど私は出会えなかったし
そもそも私がクズだから仲間に入れてもらえなかっただろう。
やりたいこともやれることもない。疲れた。
繊細なんじゃなくてプライドが高すぎるんだろう。
自分でもよくわかってるからこそ嫌になる。
昨夜なんて核ミサイルで死んだ夢を見たくらいだし。
心の底から絶望している自分がいるんだろうね。
私は23才だけどまだそこまでまともになってない。
精神的にはまだ中学生位なんだろうと思う。
世の中に馴染むことが本当に難しいしこんな世の中に馴染むことの意味が分からなくなってきた。
私はバカにされることに馴れすぎた。他人からも自分からも。

無為徒食。

つまりニート

バイトは嫌いじゃないんだけど、なかなか続けられるものがないからなー。
コンビニダメ。飲食店ダメ。アパレルダメ。
とりあえず人からの視線がある仕事はダメ。
お金を扱う仕事や慌ただしい仕事もダメ。
たぶん何かの病気だけどもうどうでもいいや。
頭のおかしい親のもとに生まれた時点で詰んでる。
テキトーにぐだぐだ生きてミサイルと共に朽ち果てよう。

本性出してきたか。

就活せずにうだうだしてたら父親が「就活しないの?どうすんの?」ってキレてきた。
今まで娘の良き理解者を装って、私をバカにしていたんだよなあ。私はそれに気づいてしまったんだよなあ。
何の説得力もない言葉の数々に騙されていた自分の愚かさが本当に恥ずかしい。
こちらがどんなに真面目に話していても向こうは私の話なんて聞いてないから。
自分より学歴の低い人のことはう○こだと思ってるんだろう。
もうさ、高学歴なのに学歴コンプレックスある人って本当にめんどくさいわ。

雲ひとつない快晴。

どうか今日も一日、平穏無事に終わりますように。
何気ないつまらない毎日が淡々と続けばそれでいい。