読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

既卒女のテキトー人生

ダメ人間爆誕!!!!!

またか。

 
ここ数日、2日おきくらいにミサイルが落ちてくる夢を見ている。
人ってこんなに単純なのかと思うし、自分が如何にビビリなのかイヤというほど思い知らされた。
毎度同じ夢なら途中で気づいて起きられるのに、タチの悪いことにいつも違うので最後まで見てしまう。
いつも出来る限りの準備はして、やはり落ちてきてしまう。
今回なんて「たった今、ミサイルが発射されました!直ちにこちらからも迎撃しました」と速報が入って「あ、今回は助かったかも!」と思っても
その直後に「失敗しました!ミサイル到達時刻は3分後です!」とまた速報が入ってくる。
家族と抱き合い祈りながら光と熱で白けてゆく世界の中、「ああ、ダメだった…」と思ったところで、ハッ!と目が覚める。

この前のはみんなで逃げようとして船に乗って移動しているところで誰かが天の真上を指して「あれ…」と指差した先には
もう落ちてきているミサイルが目に入ってきてその瞬間に目の前が白けていくという感じだった。

こんな感じで毎度毎度、ガッツリ死んでいる。
そろそろしんどい。毎度違うっていうのがヤバイ。
他にも2回くらい違うパターンで見ている。
毎回、本当に死んだと思っているからきつい。
圧倒的な力を前にしてどうすることもできない自分を知らしめられる。
分かってはいるつもりでもあらためて突き付けられると心苦しくなるのが人間というものらしい。

一日でも長く、平和な暮らしが続くことを願っています。

気づかないということ。

 
今まで自分は嘘が見抜けない人間だと思っていた。
いや、見抜けないのは事実なんだけど見抜かないようにしていた部分もあることに気づいた。
生まれてからこの方ずっといろんな矛盾を押し付けられて生きてきた私にはどれが嘘で本当なのか分からなくなっていた。
親は「お金がない」と言いつつ私を私立に入れたし、習い事もやたらさせた。
だから多少余裕があるのかと思いきや「本当にお金がないんだ!」とブチ切れてきた。
お金の話はうちの中ではNGだった。
お金の管理が出来ない人は親になる資格なんて無いだろう。
そういう人がいるから世の中が回らなくなるわけで。
それに巻き込まれて生きていかなくてはならない子どもも結構つらい。
家にお金がなくて苦しいのは自分のせいだと言われながら育てられることのつらさよ。
親を金欠から救う方法は自分が消えることだけ。
でも消えたら親はそれはそれで苦しむのだろう。
それはたぶん、私を愛しているからではなく世間体が悪いからだろう。
そういうことも分かっているからこそ自分の生きている意味が分からなくなる。
私の今までの人生、本当に怠惰なだけだったのかと疑問に思う。
人って愛されなくても頑張れるものなのだろうか。
愛されなくても生きてはいけるけど、頑張れないんじゃないかと私は思う。
愛を知っている人はどんなどん底にいても這い上がれる。
愛は与えられた人がまた他人に与えるものであって、何もないところから沸いてくるものではない。
私は愛が何なのかは分からないし、これからも知ることはないと思う。
愛というのは他人を愛する前に自分を愛することから始まるわけであって「自分が他の誰でもなくこの今の自分であること」に価値を置くことが大事なんだと思う。
どんな極悪人であっても、そういう人がある意味最も人間らしいのだと私は思う。
人様に迷惑をかけずに何となく生きていることは生きながらにして死んでいることと変わらないと思うよ。
幼い頃から矛盾した言葉を浴びせかけられた私の心はずっと死んでいる。
愛情も優しさも喜びも、私にはよくわからないな。

「お前のためを思って」と言いつつ足を引っ張り
「お前は頑張っている」と言いつつ甘えるなと叱咤し
「お前はすごい」と言いつつせせら笑い
「きっと上手くいく」と言いつつ顔を歪める。

分からないなー。愛情って何だろう。
やっぱり、早く死んだ方が良いのかな私は。
矛盾の中に生きるのはつらい。
この負の連鎖も早く断ち切りたいよ。

モテないしバカだしデブスだしニートだし毒親育ちだし、生きてる価値ないんだわ。
毒親育ちは毒親になる。子どもは生きながらにして死んでいる。
そのループを断ち切るのは大切なことだと私は思うよ。
反出生主義、私は支持している。

何故か。

 
欲がないときほどふと手に入ったりするものなのかな。
暇すぎて何も予定がないと思ってたら、ライブのチケットが当たってた。
ひとまずそのライブまでは生き延びることにするか。
本命のチケットは全然当たらないのに不思議だよね。
もっと広い視野を持ちなさいということかしら。

今改めて分かる。

 
あーだこーだと文句を言いながら自堕落に生きていられる日々が如何に平和であるかを。
もうダメだ詰んだと嘆きながら毎日たくさん寝られて食べられて家族と過ごすことができる幸福を。
今朝のその時、その直前に思い出して、頭が真っ白になった。
私は今までいろいろ考えていたつもりだったけど、何も分かっていなかった。
表面を撫でていじくりまわして分かった気になっているだけだった。
もっと本質的な、人として大切なものがあること、自分が死んでからも残るものを造り上げることの大切さから目を反らしていたことに気づいた。
今から何が出来るか分からないけれど、とりあえず考えてみようと思う。

無駄な人生。

 
人生棒に振った感がすごい。
もっと努力すれば良かった。
と思うんだけど生まれた瞬間から詰んでた気もする。
デブス性悪で怠け癖ありのバカって生きてるだけだつらいよ。
毎日何にも楽しくないよ。
幸せなんて感じられないように育ったからね。
何があってもなくても不幸せなんだよ。
整形で美人になっても株で大儲けしても不幸せなんだよ。
幸せが分からない頭だから感じられないから。
私にとってこの世に幸せなんてないんだよ。
生まれてきて良かったなんてのは思ったことがないよ。

飽きてきた。

 
色々考えるのとか疲れてきた。
どうせ詰んでるのに考えても仕方ないし。
でも何かやる気が起こるわけでもないし。
焦ったってどうなるものでもないし。
自分のことは信じていないけど他人のことはもっと信じられない。