既卒女のテキトー人生

ダメ人間爆誕!!!!!

甘え。

 
甘えるのってそんなに悪いことなんだろうか。
私は父が単身赴任のときは長女として母の愚痴を聞いてあげた。
母から父や父方の祖父母、私の友達や友達の親、ご近所さんの愚痴を延々と言われた。
そして最後に「あんたはお父さんそっくりだねw」と言われた。
その頃、私はまだ9才だった。人間不信になった。
しかも母は私の父似の顔を見て「目が細いねw顔が丸いねw」なんて笑い、
「足が太いねw出っ歯だねw」なんてバカにした。
もちろん性格も好きなものも何もかもバカにされた。
父にも父方の祖父母にも私はバカにされた。
私は何も好きになれなかったしやりたいこともなかったし頑張れなくなった。
それは「甘え」だと言われた。

私はちゃんと甘えたことなんてない。
甘え方なんて分からない。
愛情も思いやりも優しさも私には分からない。
生きづらい。本当に生きづらい。
持たざるものの生き地獄は持たざるものにしか分かり得ない。
持たざるもの同士が寄り添ったところで傷つけ合うだけ。
結局、持たざるものは一生孤独のまま、愛や優しさを知らずに死んでゆく。