既卒女のテキトー人生

ダメ人間爆誕!!!!!

歪み。

 
母親は私に怒るときはいつも前提として「あなたがダメだから」とついていた。
私が何をしたって、私がダメだからダメなのだ。
良いことも悪いこともダメなことなのだ。どうせダメなのだ。
この虚しさは普通の人には分かるまい。この生きづらさは分かるまい。
罪を憎んで人を憎まずとはよく言うけどその逆というか。
何をしたってダメな奴はダメなんだ、って感じ。
何故私がダメなのかというと変人でキチガイ揃いの非常識な父方のDNAを色濃く受け継いでいるかららしい。
それなら私はどうしようもないじゃないか。
努力で直せないことを否定してくる母親って何なんだろう。
そんな奴と結婚してぬくぬくと専業主婦やってるだけなのにいかにも自分だけが頑張っているかのように振る舞う。
父が単身赴任で母は子育てが大変だっただろうけどだからといって私が八つ当たりされる筋合いはないし
ダメな父親に家計を任せて家が火の車なのも私のせいではない。
それなのにダメな父親では話し合いにならないからのその愚痴を全て私にぶつけてきた。
父の愚痴を言われるということは私の存在そのものの否定であることを分かっていなかったのだろうか。
小学生の頃にそれを刷り込まれてしまった私はあまりにも生きづらかった。
ただでさえ友達を作るのが苦手なのに転勤でその友達とも離れさせられ
転勤先で友達と上手くいかないと「お前の性格が悪いからだ」と母親にバカにされ
父親には「友達なんか必要ない」と否定され、誰も私の話を聞いてくれなかった。
兄弟はいるけど母親が「お姉ちゃんはダメな子だからね」と言ってあったので私だけ仲間外れにされて仲は良くなかった。
でも兄弟の仲が良くないのも母親曰く私の性格が悪いせいだという。もうやってらんないね。
私は姉になりたくてなったわけじゃないのに。

「わがまま」「思いやりがない」「性格がキツい」「性格が悪い」「甘えている」「人に合わせろ」
「話がつまらない」「頭がおかしい」「ダサい」「ブス」「趣味が悪い」「太っている」
母親って娘にこんなこと言うのが普通なのだろうか。

私は自分が自分でいることにいつも不満だしつらい。
低学歴のデブスニートだからそのコンプレックスももちろんあるけど
もし自分が東大卒の美女で一流企業に勤めたところで私はきっとコンプレックスから抜け出せないと思う。
この感覚は分からない人には全く分からないと思う。
他人を不幸に引きずり込む体質の両親に育てられた人にしか分からないと思う。

何をやってもダメな自分が生きるなんて難しいよ。
やりたいこともやれることもないよ。虚しいよ。