既卒女のテキトー人生

ダメ人間爆誕!!!!!

毒母について。

 
うちは両親ともに毒親だ。
でも度合いからしたら母親の方がかなりヤバイのではないかと最近改めて思う。

家事はやってくれるし学校行事にも来てくれるがそれは子ども(というか私)が可愛いからではなく自分自身が母親としての役目を果たしているという面子のためだけにやっていたのだろうと思う。
まあ、これは私のことに限っていて私以外の兄弟には愛情をもってそれらの行動をやっていたのかもしれないけど。

とりあえず、母親は友達がいないことや周囲の人間に変だと思われることを異様に恐れる人だった。
だからママ友付き合いとかご近所付き合いにはやたら熱心だった。でも、そんなのいずれ限界が来る。嫌な人もいるしストレスもたまる。
で、その愚痴をまだ小学校低学年の私に言う。つまり私にとっては学校の友達や近所の友達の親のことを悪く言われるわけだ。
そうなるとどうしても子ども同士で接するときにも何となく距離を感じる。

私は友達付き合いが苦手で特に女の子が苦手でトラブルが多かった。母親にそれを相談すると「あなたが悪い」と言われるか笑われた。
そしてその友達の悪口を言った。母親には世の中のほとんどの人物が悪人に見えるらしい。
私はその友達の悪口を言いたいわけじゃなくてちょっと愚痴を聞いてほしかったり仲良くするために工夫をしたいだけなのに「もうそんな子は止めときなさい」と切られる。
そうしてどんどん切れていって友達がいなくなった私を見て母親は高笑いする。「お前がおかしな人間だから誰にも好かれないのだ」と。
前提として母親自身は「見目麗しく賢く人望が厚く多くの人に好かれている素晴らしい人間である」というのがどうやらあるらしいけど。

母親の友達に私は今まで会ったことがない。連絡したりたまに会ったりしてるらしいけど、少なくともそんなに多くはないと思う。
私個人の考えとしては友達はそんなにたくさん要らないと思うのでそれでいいと思う。

そういう素晴らしい人間の子どもがこんな仕上がり(私のこと)になるだろうか。
母親にはいつも「あなたはお父さんの家系の方の性格だから」とは言われるけれども単身赴任でほとんど育てたのは母親のあなたなんだからあなたの責任は大いにあるでしょうという感じ。
義実家や夫の悪口を散々言っておいて締めの言葉がそれということは私は完全に人格否定どころか存在否定されているということだ。

父は変な人間だし本人もAC感満載で非常識な人だけれど彼なりに一生懸命やってくれるのは伝わっているので感謝している。
仕事もいつも頑張っているし話は面白いし話を聞いてくれるし基本的には私を否定しないし。

母親の「可哀想な私アピール」は人を縛る。あれは呪いの言葉を数多く生む黒魔術みたいなものだと思う。しかも自覚がない。
夫が嫌で別れたいのならさっさと別れればいいのに「子どものため」とか何とか言って働くのが嫌だから甘えている。
甘えているのは自分なくせに子どもが何か文句を言うとすぐ「甘えるな!」と言う。
自分でもダメだと思っていることを指摘されると人は激昂するらしい。それを親子でやられると子どもはお手上げだよね。

ちなみに私は長女でニートだが、母親の弟(私の叔父)の末っ子も見事にグレている。
ちなみにその子がグレたのは弟の奥さんの育て方が悪かったせいらしい。
私の母親の血筋は実に素晴らしい血筋だ。
どうやらまともに育った子だけをカウントするというやり方をとっているらしい。
ちなみに叔父も単身赴任期間が長かった。
だから叔母のせいで末っ子がグレたということらしい。

あれ…?
毒母というものは自分の都合の良いようにすべてを解釈してヒステリーを起こして周囲の人間をやたらめったら傷つけまくり
悲劇のヒロインとして同情を買い可哀想アピールをすることで周囲の人間をコントロールするというのが特徴らしい。
善良で弱い人間であるために他人にはなにをいってもいいしやってもいいし
自分が善意でやったことを他人が受け入れなかったら相手が悪いということになる。

そういう人なのだ。
ついていけないよね。