既卒女のテキトー人生

ダメ人間爆誕!!!!!

どうせ。

 
皆が私を嘲笑っているのは分かっている。
それがつらいんじゃなくて、笑われている自分を守れない自分が情けないからつらい。
私を見て「あいつはダメな奴だね」と言っている人たちを目の前にしても「そんなことないよ」と庇えずに、「本当、ダメだよね」とヘラヘラしている自分がいることが苦しい。
だって、今まで誰も私のことを認めなかったから。
自分の味方をしたってどうせ何も良くならないと思って生きてきた。
私はいつも周囲の人間にバカにされて軽く扱われて生きてきた。
褒められたことも大事にされたこともない。

私は他人の気持ちが全く分からない。
だから私の気持ちなんて誰も分からない。
それは仕方がない。お互いにそうなんだから。
どうしていつも私だけが責められてきたんだろう。
私ってそんなに意地悪なのかな。
私よりずっとズル賢くて嘘つきで嫌な奴はたくさんいるのに。

なんか本当、いろいろ考えるの疲れてきた。
私は私なりに考えて頑張ってきたけどさ、無駄だったよ。
無駄だった。私の人生、何も無かった。
ひたすら寂しさと苦しさと憎さに押し潰されまいと耐える日々だった。

そんな日々を無駄じゃなかったと思える日が果たして来るのか。