既卒女のテキトー人生

ダメ人間爆誕!!!!!

なんじゃそりゃ。

 
またスピリチュアルの話。

スピリチュアルとかオカルトとか宗教とか何でもいいんだけどそういうのって人生に行き詰まった人が打開策として何となく興味を持ったり暇な人が好奇心で調べてみたりするものだと思う。

私は基本的に選民思想を良しとしない人間なのでスピリチュアル独特の「分かってる感」みたいなものがかなり苦手。
そんなもの関係なくもっとフラットにいればいいのにどうしても「分かってる感」を滲ませてしまう人がたくさんいる。

他人に苦しめられて嫌なことがあったり納得できないことがあって、いろいろ考えただろうに一度安心したら結局そちら側に回ってしまうのかと思う。
「分かってる」ことは別に悪いことでもないし、特別良いことでもない。
ただ本人がこれからの人生を前向きに生きていくために必要な考えなら良いことなんだろうけど、それによって他人を見下して傷つけていくようなら最悪なことだと思う。

自分の立ち位置が不安定ですがった先が磐石であることに気付くと急にムクムクと気が大きくなって自分とは違う人や「分かってない」人を見下すようになる。

一番怖いのはそれに気づいていないこと。
「分かってる」自分が正しいのだから「分かってない」人たちなんかくだらない、という思いが心底というか潜在意識まで染み入っている。

「分かってる」でお高く止まるのは一番最悪。
本人に自分は「分かってる」のか常に疑問を持ち続けることが大切だと思う。
普段は超理論で騒いでるくせに都合の良いときだけ常識を持ち出して、相手を攻撃するなんてもってのほか。

仲間を作って増大しようとするのも個人的にはかなり疑問。
自分の中で孤独に突き詰めていくことが大切なのに馴れ合ったら何も得られないのではないかと思う。
その程度にしか思っていない人たちだからこそ「分かってる」ふりをして楽しみたいのかもしれない。

真剣に考えている人よりお遊びの人の方が多いのだから仕方がないのかな。